きめ細やかな芯持ち印材

印鑑イメージ

芯持ち象牙、芯持ち牛角、印鑑で芯持ちだと非常に良いとされていますが実際何で非常に良いかというのをご存知でしょうか?

まず芯とは何かから始まります。
芯というとどうしても鉛筆の芯やシャープペンシルの芯を連想しますが印材の芯というのはそういった芯ではなく中心部分の芯の部分を指し示します。

牙や角の印材でも木でいう年輪のようなつくりになっており中心に向かえば向かう程決め細やかな材質になり、きめの細やかさは中心で頂点となります。
その中心ただ一箇所こそが芯持ちという印材となるのです。

ちなみに芯持ちと同様に高級 高希少価値とされる横目日輪というのはこのいわゆる年輪部分を横に突っ切り芯持ち部分を通って年輪がはんこ側面に綺麗に見えるように形を作った印材の事を言います。

由来を聞けば高級というのもわかる気がする部分ですね。
一本の角から限られた本数しか得る事ができない芯持ち印材、限られた印材ですから当然その印材を使用して印鑑を作成するのだって緊張の連続です。

人間ですから失敗する事はあるだろうに手彫りの作家さんは失敗ができません。
失敗したらせっかくの希少印材が無駄になってしまいます。相当気を使っている事でしょう。

おへそと言っている方もいるらしいですがここまで覚えていれば何故芯持ち印材が高級とされているのかというのが嫌という程理解できると思います。

近年は動物由来の印材は環境保護の面からどんどん数が減っています。どんどん減っていっていつか芯持ち印材がまったくなくなってしまう日も来るかもしれません…。

気高く儚い存在なんとも母性本能をくすぐる印材だとは思いませんか?

~ 話題のWEBサイト ~

<簡単便利な印鑑>シャチハタ

朱肉のいらない便利な印鑑シャチハタネーム印。
従来の印鑑の形からペンタイプまでさまざまなデザインをご用意。
お急ぎの方には嬉しい最短即日出荷サービスもあります。

シャチハタ、Xスタンパーをお求めなら
シャチハタ専門店【シャチハタ館】をご利用ください!

ページの先頭へ